So-net無料ブログ作成
ホノルルマラソン ブログトップ
前の10件 | -

完走メダルとレイ [ホノルルマラソン]

blog88.jpg完走メダルとレイの写真を載せることを忘れていました。驚いたのはメダルの重さです。想像以上にずっしりとしていました。走った距離の重みを感じます。私がこれまでに貰ったメダル類の中で、一番立派なものになりました。
インデックスは次の記事のように作っていこうと思っていますが、途中で変える可能性もあります。
nice!(0)  コメント(0) 

ホノルルマラソンツアーか個人手配か #3 [ホノルルマラソン]

一昨日の記事で書き忘れましたが、34~35万円というのは「1部屋1人利用」の場合の料金です。私の個人手配の料金も「1部屋1人利用」でしたから、合わせるためにツアーでも同条件で調べました。海外のホテルは「1部屋1人利用」では途端に高くなる場合が多いですから、「1部屋2人利用」なら、どのホテルを選んでもここまで高くはならないと思います。
ツアーにしたいけれど、あまり高いプランは無理ということでしたら、ホテルやプランを変えるのも一つの方法だと思います。たとえばヒルトンなら「レインボータワー指定」とか「アリイタワー指定」とかにせず「タワー指定なし」のプランにしたり、ビーチ沿いのホテルではなく、通りを一本隔てた山側のホテルにしたりするのです。眺望は期待できないと思いますが、買い物やビーチへ出かけるには、それほど不便さはないと思います。
要は何を優先するかです。安心なのか、費用の安さなのか、眺望や設備のよいホテルなのか、それによって手段はいろいろあると思います。
ツアーにする場合は早めに決めた方がよいと思います。航空機の座席もホテルも十分空いている段階で、なぜだかキャンセル待ちになってしまうツアーが多いからです。また、早期予約割引のあるツアーもありますから、早めに検討を始めた方がよいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

ホノルルマラソンツアーか個人手配か #2 [ホノルルマラソン]

個人手配の場合、ハワイやホノルルマラソンを経験している人なら問題ないと思いますが、私は初めてでしたから、空港に降り立った瞬間から、それなりの緊張感がありました。マラソン関係も何も分からず心配でしたが、日本事務局のサイトに詳しい説明がありましたので、かなり参考にしました。一部の情報は分かりにくい場所にありますから、サイトの隅々まで確認しなければいけませんが、このブログでもさんざん引用していますように、よくできたサイトだと思います。
ホノルルマラソンへの参加が初めての場合、具体的なイメージがもてないのは仕方ありません。私も参加して初めて分かったことが多くありました。しかし、この日本事務局のサイトにある説明をよく読み、頭に入れておけば、個人手配でも基本的なことで迷うことはなく、マラソンを十分に楽しめると思います。
ですから、マラソンの諸手続きに関しては、個人手配でもあまり問題はないと思います。また、ホノルルマラソンのツアーは自由時間が多くあるのが特色で、団体行動が少ない気軽さはありますが、マラソン以外の観光や食事は自分で決めないといけませんから、個人手配の場合と条件はあまり変わりません。両方の最大の違いは、やはりトラブルが起きたときに、交渉等をすべて自分で行う必要があるかどうかではないかと私は思います。
nice!(1)  コメント(0) 

ホノルルマラソンツアーか個人手配か #1 [ホノルルマラソン]

結論から言いますと、費用の高さを気にしなければツアー、全部自分で行うことが不安でなければ個人手配でもよいと思います。まず金額差について考えてみましょう。私と同日程のツアーだといくらくらいになるのか、料金を調べてみました。金曜発火曜着の3泊5日の日程で、ホテルはプリンスワイキキ指定にします。すると、34~35万円くらいの料金でした。この料金にはホテルのリゾートフィーや宿泊税が含まれているのかどうかがよく分からず、仮に含まれていないとすれば、料金はさらに高くなります。ちなみにこのツアーは前日等に行われるコース下見やランニング練習は全てオプションになっているものです。料金に含まれるのは航空機、ホテル、空港往復、ワイキキのトロリーです。食事は付いていません。
私が個人手配で必要になった費用は、空港とホテルの往復費用を含めて約21万5千円です。リゾートフィーや宿泊税も含めたツアー料金が34万5千円としても、その差は13万円あります。この差が気にならなければ、ツアーでよいと思います。ホノルル現地でのマラソン諸手続きは、その場に連れて行ってもらって言われるままに行えばよいだけです。自分で調べたり考えたりする必要はありません。自由時間中にトラブルが起きたり、分からないことがあったりしたときは、ツアーデスクを頼ることができます。個人手配とは安心感が違いますから、13万円は安心代のようなものでしょう。
nice!(1)  コメント(0) 

ホノルルマラソンを走った後の疲れ具合 [ホノルルマラソン]

私は何しろフルマラソン初挑戦でしたから、無事に完走できたとして、その後にどれほどのダメージがあるのか、まるで想像できませんでした。とにかく完走第一で、速く走ることは二の次にするつもりでしたが、フルマラソンの距離を走ることだけでも大変なことだと感じていました。
そのため、マラソン当日の午後は何も予定を入れず、疲れていればホテルでのんびりとするつもりでした。しかし、終わってみれば予想以上に元気でした。これはまだ余力を残していたということでしょう。ですから夕方からはまた出歩き、翌日はコンベンションセンターへの往復だけでなく、散歩にも行きました。筋肉の痛みは少し感じていましたが、歩くことに支障が出るほどではありませんでした。帰国後は2日間休息しましたが、3日目からジム通いを再開しました。
一番のダメージは足の指の爪ですね。両親指の爪が黒く変色してしまいました。走る前に全部の爪を短くしておいたのですが、やられてしまいました。私は学生時代にサッカーをしていましたので、爪が黒くなることには慣れっこで、歩いたり走ったりするときに痛みを感じるほどではありませんでしたから、あまりたいしたことはないだろうと思っていました。しばらくすれば抜け落ちて生え変わるだろうと思っていましたら、やはり下から新しい爪が伸びてきて、黒い爪はポロリと取れました。しかし、新しい爪はまだ変形気味で、巻き爪がひどくならないかと気になっています。私はまたフルマラソンを走るつもりでいるのですが、そのときはパッドを当てたり、テーピングをしたりした方がよさそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

ホノルルマラソンのタイム測定 #5 [ホノルルマラソン]

TimeとかPlaceとかの項目の中にCertificateというものがあります。直訳すれば証明書です。つまり、完走証データはここにあるのです。Certificateの欄にはよく分からない画像が並んでいますが、それをクリックすると、自分の完走証がpdf で表示されますから、それを印刷したり保存したりすればよいわけです。
「Find Athlete:」の上には「Category Filters:」というものがあり、ドロップダウンリストから選択すれば、男女別年代別に分かれたカテゴリー内で表示されます。自分と同じ年代のランナーとは比較しちゃいますね。
このResultsデータは過去6年分しかありませんから、自分のデータも6年後にはなくなってしまうのでしょう。そうなる前に表示されているページだけですが保存しておきました。
YouTubeにある映像データもいつまであるか分かりませんね。話が飛びますが、YouTubeにあるホノルルマラソン関係の映像には、コースの状況を伝えるものも多くあります。そちらを見た方が、私が文章であれこれ説明するよりも状況が分かりやすいかもしれません。
タイム測定に関連しますが、ホノルルマラソンは日本のマラソン大会のように関門による足きりがないのが本当にいいです。しかも関門閉鎖はグロスタイムで行われますから、ただでさえ持ちタイムの遅い後ろの方からスタートするランナーの方が条件厳しくなるんですよね。
nice!(1)  コメント(0) 

ホノルルマラソンのタイム測定 #4 [ホノルルマラソン]

ちなみに新しいサイトでは、タイトルロゴの右端に三本線の画像があり、それをクリックするとメニューが現れます。しかし、私が確認した限りでは、ResultsやFinish Line Videoにはたどり着けませんでした。
ですからPAST RESULTSまでスクロールして、たとえば私の場合ですと「2016HM」をクリックします。PAST RESULTSの下に説明がありますが、HMはHonolulu Marathonのことで、過去6年分があります。そしてKMMはKalakaua Merrie Mileのことで、昨年新設されたイベントですから、2016年分しかありません。ちなみにKalakaua Merrie Mileは前日の朝早い時間に開催されます。Kalakaua通りを中心に交通規制がありますから気を付けてください。
話がそれました。「2016HM」をクリックすると、記録の一覧ページが別ウインドウで現れます。表示は1位から順番になっていますから、自分のタイムを探していけば、自分の記録にたどり着くと思います。面倒だという人は、一覧の上にある「Find Athlete:」で検索ができます。「First and last name」の欄に自分の名前をローマ字で入力するか「Bib#」の欄に自分のゼッケン番号を入力して、赤字で下線のあるリンクテキストならどこでもよいと思いますからクリックすると、自分のデータが現れます。名前の欄で姓だけ、あるいは名だけ入力すると、ローマ字で同姓や同名の人が出てきます。さすがに日本人だけで11000人の参加者がいると、同姓や同名の人がいるものです。
nice!(0)  コメント(0) 

ホノルルマラソンのタイム測定 #3 [ホノルルマラソン]

昨日紹介しましたホノルルマラソンの英語サイトですが、今日もう一度見たところ、ページの構成が全く変わっていました。何というタイミングの悪さでしょうか。昨日書いた内容は役に立たなくなっていますので、改めて書き直します。
まずResultsですが、トップページを中ほどまでスクロールすると「PAST RESULTS」という記事があり、そこに2011年から2016年までのResultsへのリンクがあります。リンクをクリックして開いた先は、今までと同じです。
分からないのはFinish Line Videoの方です。ページをさらにスクロールしていくと、一番下に「FINISH LINE LIVE FEED」という記事があり、その記事の「READ MORE」をクリックすると、説明ページになります。しかし、そこにある「Re-live your finish here!」というリンクをクリックしても「PAGE NOT FOUND」になってしまうのです。まだ、サイト全体がきちんと出来上がっていないのでしょうか。もう少し様子を見て、変化がありましたら、またお伝えします。
それまでは直にYouTubeへ行き、そこで見た方がよいと思います。"finish line video honolulu marathon"と入れて検索すれば、順不同になりますが候補が出てきます。年も入れて検索すれば、さらに絞られます。
nice!(0)  コメント(0) 

ホノルルマラソンのタイム測定 #2 [ホノルルマラソン]

この計測タイムはどこで確認することができるかと言いますと、私はホノルルマラソンの英語サイトから辿って行きました。日本事務局のサイトからも行けるのかもしれませんが、私には分かりませんでした。ホノルルマラソンの英語サイトというのはここです。
ページを開くと、タイトルロゴのすぐ下に、各メニューへのテキストリンクがあります。その中から「RESULTS」のテキストにカーソルを置くと、下位メニューが現れます。Resultsは結果というような意味ですね。下位メニューのResultsは年ごとに分かれていて、出てきた中で一番古かったのは、現時点では2011年でした。
また、Resultsとは別に、Finish Line Videoというメニューもあります。これはゴール地点に設置された定点カメラによる全ランナーのゴールシーンの映像です。実際のファイルはYouTube にアップされていて、それをページに埋め込んで表示しています。マラソン当日のフィニッシュエリアで自分のゴールシーンを見逃したとしても、ここで見ることができるわけですね。映像ファイルは1時間単位で分割されています。こちらでは全画面表示で見ることができませんので、画面を大きくしたい場合は、YouTube の方へ行って見た方がよいと思います。画面にあるYouTube のロゴをクリックすると、別ウインドウで開いてきます。
nice!(1)  コメント(0) 

ホノルルマラソンのタイム測定 #1 [ホノルルマラソン]

ホノルルマラソンでは計測チップを使ったネットタイムを測定し、完走証に印刷される記録タイムはネットタイムになります。ただし、いくらネットタイムと言えども途中で記念写真を撮っていたり、トイレ待ちをしていたりすれば、記録は遅くなります。そうして、ただでさえ遅くなるのに、フィニッシュゲートについている時計はグロスタイムで表示されていますので、見た目はさらに遅くなります。フィニッシュゲートをバックにした写真は、その場の雰囲気がよく分かり、自分としても感動する写真になるのですが、ゲートについている時計の時間だけは「本当はこんなに遅くないのに・・・」と、唯一残念に思うところです。
また、チップによる計測はスタートとゴールだけでなく、ほぼ5kmおきに計測ポイントがあり、ラップタイムも知ることができます。順位争いに関係するようなランナーについては、この計測ポイントがショートカット等の不正防止の意味にもなっているのでしょう。しかし、一般ランナーにはあまり関係ないようで、私の記録を検索した際に出てきた他の人のラップを見ると、ところどころ空白になっている人も多くいました。それでも失格等にはなっておらず、順位も出ていましたので大丈夫なのでしょう。計測ポイントは普通に走っていれば自然に通過するような場所にあるのですが、どこをどう走ると計測されずに通過できるのか、そちらの方が不思議です。
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ホノルルマラソン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。