So-net無料ブログ作成
検索選択

プリンスワイキキの朝食 #2 [ハワイ旅行]

ワッフルを初めとして一つ一つの食べ物は普通においしくて、特にフルーツは格別のおいしさだったのですが、パンケーキを期待していた私には物足りない朝食でした。その時にはまだラインナップになかったのか、提供をやめてしまったのかは分かりません。オープンしたばかりでしたし、ホテルの説明では「さらにバラエティー豊かなお料理を提供していく予定」ということですから、私が訪れた12月からはまた変わっているかもしれません。
チェックインの際に貰った朝食のチケットをお店の入り口で渡し、後は一般的なブッフェスタイルで食べればよいだけで、システムは日本と変わらないものでした。しかし、そう感じることができたのは食事後です。食事中はどうすればよいのか、食事後はそのまま帰ってよいものなのか等、分からないことがいろいろとあって、例によって周りの人の様子を見ながら同じようにしていました。買ってきたものを部屋で食べる場合と異なり、緊張する度合いが違いました。
海外での行動は、何をするにしても一人で未知の世界へ飛び込んでいく気分です。ですから、どのような中身であっても、自分の期待とは異なっていても、経験としてはとても貴重なものになると感じます。ホテルのダイニングへ行く際には、すれ違うスタッフの人たちが皆「グッモーニン」とあいさつをしてくれますから、私もあいさつを返していました。ただこれだけのことでも日本のホテルや旅館で「おはようございます」と朝のあいさつをする場合とはずいぶん気持ちが異なります。ほんの少しの触れ合いでわくわくしてくるのです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行