So-net無料ブログ作成

プリンスワイキキでの日本語の通じやすさ #1 [ハワイ旅行]

プリンスワイキキの大きな特徴は日系のホテルということです。ですから、日本人客が多く訪れ、対応のために日本語が通じやすいのではないかという期待がありました。そして、実際はと言いますと、他のホテルがどうか分かりませんから比較はできませんが、必要な際には日本語で話ができる環境にはあると感じました。
具体的には私が日本語で会話をした人は、フロントでお二方、メインダイニングでお一方いらっしゃいました。もちろん日本語で会話のできる方はもっといらっしゃるのだろうと思いますが、私が見かけたのはこのお三方でした。フロントのお二方は必ずどちらかはフロント内にいらっしゃるようでした。ですから、どうにも困ったときには、とりあえずフロントに行けば、日本語で相談ができるというわけです。ツアー会社に頼れない個人手配で、しかも英語があまり得意ではない私のような場合、これは心強いと感じます。
メインダイニングは朝食で利用しました。日本語のできるスタッフの方は、日本人と見ると近くに来て、食事の種類について説明をされたり、何かリクエストがないかと尋ねたり、とても親切にされていました。ダイニングもいろいろ尋ねたり注文したりしたい場合がありますから、日本語の話せる方がいらっしゃると安心ですね。
日本人のお客さんは想像通り多いと思いました。半数ほどは日本人ではないかと感じました。これだけ日本人のお客さんが多くいれば、日本語で話のできるスタッフを多くした方が、それだけで大きなサービスになるだろうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行