So-net無料ブログ作成

プリンスワイキキで泳ぐ場所 #1 [ハワイ旅行]

プリンスワイキキに宿泊して、泳いだり日光浴をしたりしたい場合は、どこに行けばよいでしょう。これまでにも断片的に書いていますが、まとめて書いておきたいと思います。まず、ホテルのプールがあります。改装後の様子は分かりませんが、写真を見る限りでは雰囲気よさそうです。ロッカーもありますから貴重品の管理をしなくてもよいという安心感もあります。ただ、恐らくそれほど広くはないと思います。プールそのものも小さくて、水の中に入るだけという印象です。
プールでなければ、どこかのビーチへ行くことになります。部屋で水着を着こんで、その上に服を着て出かけます。帰りも同様です。私の見る限りでは、公道を水着で歩いている人はいません。一番近いのはヒルトンのビーチで、10分はかかりません。ワイキキほどは混んでいなくて雰囲気もよいと思います。プールのようになったラグーンは、小さい子供を遊ばせるにもよいと思います。
私が行ったのは冬でしたから、ビーチも比較的空いているように思いましたが、シーズンになればヒルトンのビーチも混んでくるのかもしれません。もし、人でいっぱいのビーチは嫌だということでしたら、アラモアナビーチへ行った方がよいと思います。ホテルからは歩いて15~20分程度です。特にマジックアイランド先端のビーチは、波が遮られるようになっていて穏やかなビーチです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキの朝食 #2 [ハワイ旅行]

ワッフルを初めとして一つ一つの食べ物は普通においしくて、特にフルーツは格別のおいしさだったのですが、パンケーキを期待していた私には物足りない朝食でした。その時にはまだラインナップになかったのか、提供をやめてしまったのかは分かりません。オープンしたばかりでしたし、ホテルの説明では「さらにバラエティー豊かなお料理を提供していく予定」ということですから、私が訪れた12月からはまた変わっているかもしれません。
チェックインの際に貰った朝食のチケットをお店の入り口で渡し、後は一般的なブッフェスタイルで食べればよいだけで、システムは日本と変わらないものでした。しかし、そう感じることができたのは食事後です。食事中はどうすればよいのか、食事後はそのまま帰ってよいものなのか等、分からないことがいろいろとあって、例によって周りの人の様子を見ながら同じようにしていました。買ってきたものを部屋で食べる場合と異なり、緊張する度合いが違いました。
海外での行動は、何をするにしても一人で未知の世界へ飛び込んでいく気分です。ですから、どのような中身であっても、自分の期待とは異なっていても、経験としてはとても貴重なものになると感じます。ホテルのダイニングへ行く際には、すれ違うスタッフの人たちが皆「グッモーニン」とあいさつをしてくれますから、私もあいさつを返していました。ただこれだけのことでも日本のホテルや旅館で「おはようございます」と朝のあいさつをする場合とはずいぶん気持ちが異なります。ほんの少しの触れ合いでわくわくしてくるのです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキの朝食 #1 [ハワイ旅行]

私が申し込んだ宿泊プランには朝食が1回付いていました。ホノルルマラソン当日は朝が早くてホテルで朝食を食べることができませんから、最初は朝食が付いていないプランにするつもりでした。しかし、特典として付いてくるのならば断わる理由はありません。朝食の様子も分かりますし、毎回ではなく1回だけのことなら無駄にもなりません。
私が訪れたときには朝食場所のメインダイニングはすでに改装が終わっていました。説明によると場所は以前と同じですが、名前は「プリンスコート」から「ワンハンドレッド セイルズ レストラン&バー」に変更されていました。以前の「プリンスコート」の朝食はブッフェスタイルで、パンケーキも提供されているようでした。口コミによく登場していて評判のようでしたから、改装後のお店も楽しみにしていました。
しかし、訪れてみると、同じようにブッフェスタイルの朝食でしたが、あまりバラエティ豊かとはいえない印象を私は受けました。和食メニューは確かに海外のホテルとしては破格ともいえるくらい充実しています。しかし、洋食メニューはパン、サラダ、フルーツ、その場で調理してもらえる卵料理くらいだったと思います。期待していたパンケーキは、探したのですが見当たりませんでした。前に話題にした日本語を話すスタッフの方が、途中でワッフルを勧めてきましたので、そちらを代わりにいただいてみました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキのプールとフィットネスセンター #2 [ハワイ旅行]

私が中へ入ってから出るまで1時間程度いましたが、最後まで誰も来なくて貸切状態でした。いくらホテルに無料のフィットネスセンターがあるとしても、ハワイまで来てトレーニングに励む人はあまりいないでしょうね。私はトレッドミルを1時間弱行いました。普段通っているジムにあるトレッドミルと同じメーカーの機器でしたから、説明や表示は英語ですが、これを押せばこうなるということはだいたい予想でき、実際その通りに動作しました。さすがにホテルのフィットネスセンターに置いてある機器だけあって、同じメーカーでもかなり上位機種のようで、目新しい機能もあって楽しめました。その後は他のウェイトトレーニング機器のチェックをしたり、持って行ったカメラで写真を撮ったりしていました。誰もいなくて気兼ねなく過ごすことができてよかったです。
プールは利用可能でしたが、まだ改装前で、この時に比べると現在はかなり雰囲気が異なっているように感じます。12月の夕方近い時間帯でしたから、プールへ来る人も少なく、こちらもほとんど貸切状態でした。フィットネスセンターにあるシャワーやロッカーを使う人もいませんでした。水着の上に服を着て部屋から来て、また服を着てそのまま帰って行くようでした。昨日の写真のようにフィットネスセンターの窓からはプールがよく見えて、プール脇へ出ることも可能でした。今日の写真はそこから撮ったものです。自撮りの写真しかなく、そこを切り取っていますので、変な写真になっています。
blog53.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキのプールとフィットネスセンター #1 [ハワイ旅行]

ハワイに到着したのが金曜日の朝で、日曜日にはフルマラソンがありますから、金、土の二日間も休んでいるわけにはいきません。ホテル周辺では朝夕に走っている人を多く見かけ、私もどこかの時間でトレーニングをしなければいけないと思っていました。他の人同様、普通にホテル周辺を走ってもよいのですが、せっかくホテルにフィットネスセンターがありましたから、まずそこを見に行って、使い勝手が悪そうならば走ることにしようと思いました。
blog52.jpgフィットネスセンターは24時間無料で利用できますが、中へ入るためにはルームキーが必要になります。宿泊客限定ということですね。部屋と同じようにカードキーを入り口でかざして入ります。広さは客室1室分だと思います。機器はトレッドミル、エリプティカルと数種のウェイトトレーニング機器があり、ウオーターサーバーとタオルも置いてありました。シャワーとロッカーもあり、これは隣接するプールを利用する人も使うということでした。
常駐するスタッフはいません。宿泊客以外入れませんし、監視カメラもしっかりありますから、無人でも大丈夫なのでしょう。ただし、機器の使い方が分からないと、尋ねることができませんから、どうにもならないと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキでの日本語の通じやすさ #2 [ハワイ旅行]

客室内にあるホテルのインフォメーションに「タクシーが必要な場合は、前日までにコンシェルジュへ申し込んで下さい」と、いったようなことが記載されていました。空港までタクシーで行くつもりだった私は、そのことを尋ねにコンシェルジュのデスクへ出向きました。あまり簡単な内容の話ではありませんから、日本語で話がしたくて、最初に「日本語で話せますか?」と尋ねてみました。すると、コンシェルジュの方は「ごめんなさい、ほんの少ししか話せません」と言われました。コンシェルジュの方は恐らく曜日や時間によるのでしょうが、日本語で話のできない方もいらっしゃるということです。仕方がないので英語で話してみました。相手の方は一生懸命意味を聞き取ろうとされていましたが、私の実力不足のため、やはりうまく伝わりません。そのため、コンシェルジュの方は私をフロントへ取り次ぎ、そこで話を聞くことができました。
以前に書いたこのホテルのベルデスクの方といい、このコンシェルジュの方といい、私が英語でうまく意思を伝えることができなくても無理な顔をせず、ベストと思われる対応を判断して接して下さることに恐縮してしまいます。そして、私の英語力の拙さをもどかしく感じます。
プリンスワイキキは、いつでもどの場面でも日本語が通じるわけではなく、むしろ通じないことの方が多いのですが、それは他のホテルでも同じだと思います。英語でコミュニケーションがとれた方が楽しいことは確かですが、私の感じ方としては、いざという時には言葉の面での安心感のあるホテルだと思いました。
ちなみにタクシーに関しては、多くの場合はホテル前に待機しているタクシーがいるけれど、いなくてもすぐに呼ぶことができるので、少し待ってもよいのなら、チェックアウト時に頼んでもらえばよいということでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキでの日本語の通じやすさ #1 [ハワイ旅行]

プリンスワイキキの大きな特徴は日系のホテルということです。ですから、日本人客が多く訪れ、対応のために日本語が通じやすいのではないかという期待がありました。そして、実際はと言いますと、他のホテルがどうか分かりませんから比較はできませんが、必要な際には日本語で話ができる環境にはあると感じました。
具体的には私が日本語で会話をした人は、フロントでお二方、メインダイニングでお一方いらっしゃいました。もちろん日本語で会話のできる方はもっといらっしゃるのだろうと思いますが、私が見かけたのはこのお三方でした。フロントのお二方は必ずどちらかはフロント内にいらっしゃるようでした。ですから、どうにも困ったときには、とりあえずフロントに行けば、日本語で相談ができるというわけです。ツアー会社に頼れない個人手配で、しかも英語があまり得意ではない私のような場合、これは心強いと感じます。
メインダイニングは朝食で利用しました。日本語のできるスタッフの方は、日本人と見ると近くに来て、食事の種類について説明をされたり、何かリクエストがないかと尋ねたり、とても親切にされていました。ダイニングもいろいろ尋ねたり注文したりしたい場合がありますから、日本語の話せる方がいらっしゃると安心ですね。
日本人のお客さんは想像通り多いと思いました。半数ほどは日本人ではないかと感じました。これだけ日本人のお客さんが多くいれば、日本語で話のできるスタッフを多くした方が、それだけで大きなサービスになるだろうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキの室内 #2 [ハワイ旅行]

貴重品の保管はセキュリティボックスではなく、テーブルの下にある引き出しの一つに入れます。暗証番号式で鍵がかかるようになっています。コーヒーやお湯はコーヒーメーカーを利用します。私の使い方が悪かったのかもしれませんが、お湯がスムーズに出てこなくて、少々使いにくいと感じました。部屋のカギはカードキーでかざすタイプです。高層階の部屋以外はエレベーターに連動はしていません。私はiPadを使うことが多いため、WIFIは絶対はずせない条件の一つなのですが、問題なく部屋からつながりました。
blog51.jpg部屋に備え付けのテレビでは、ホテルの案内等も見ることができます。そのトップ画面には、写真のように「Aloha and Welcome!」の表示と共に「Mr.〇〇」と、私の名前も出ていました。また、フロントでチェックインの際には、支配人からということで「ようこそ当ホテルへ」といった内容の手書きのメッセージをもらいました。ゲストを大切に思う気持ちをこうした細かい形でも表現するのは日系のホテルならではかなと思います。一つ一つのことを行うには、それなりの手間がかかっていることは容易に分かりますから、悪い気持ちはしません。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキの室内 #1 [ハワイ旅行]

プリンスワイキキには旅行サイトでアーリーチェックインのプランがあったことも決め手の一つでした。ヒルトンにもアーリーチェックインのプランがありましたが、13時から入室だったのに対して、プリンスは12時から入室でした。アーリーチェックインを頼むくらいですから、より早い時間から入室できた方が、いろいろな状況に対応できて何かと便利なのですね。しかもプリンスは結局11時前には入室ができたのです。
部屋に入ると、久々にホテルの部屋でテンションが上がりました。写真は少々暗くて雰囲気があまり伝わりません。こんなものではありません。改装したてですから、きれいでとても清潔感があります。窓も確かに開放的でよい眺めです。そして、部屋全体がゆったりとしており、キングサイズのベッドは一人では持て余す大きさです。また、部屋だけでなく、洗面、トイレ、お風呂スペースの広さにも驚きました。お風呂は浴槽とシャワースペースが分かれています。トイレも独立していてウォシュレット付きです。部屋に関して全体的にかなり好印象をもちました。blog49.jpgblog50.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヒルトンハワイアンビレッジワイキキの花火 #2 [ハワイ旅行]

blog48.jpgプリンスワイキキにラナイがあれば、外に出て座って花火見物という優雅な時間にもなると思いますが、残念ながらそれはできません。部屋から花火が見えるという事実は嬉しいのですが、窓を開けて窓際で立って花火見物という形になり、あまり優雅な時間にはならないのですね。どうしても部屋から見たいということでしたら、チェックインの際にリクエストすればよいと思いますが、個人的にはそこまですることはないと思います。
部屋からは見えないけれど花火は見たいということでしたら、外へ出ればよいと思います。明るい間に窓から外の景色を確認し、ヒルトンのラグーンが見えなければ、花火を見ることは望み薄だと思いますから、部屋以外の場所で見るのです。ホテルを出て5分も歩けばラグーンに着きますから、私ならそこまで歩き、好きな場所で見ると思います。部屋から見るより迫力ある花火が見られると思います。終わったらすぐに部屋まで帰ることができるのもよいですね。位置的にホテルのダイニングやプールからでも見ることができそうですが、確認はしていませんので、はっきりしたことは分かりません。
他に予定がなければ、散歩感覚で見に来ればよいと思いますが、他の予定に優先して、この花火に合わせてスケジュールを考えたり、ワイキキの反対側からわざわざ見に来たりしていると、期待しすぎてがっかりするかもしれません。その点、ヒルトンの近くのホテルならば、気軽なおまけ感覚で見ることができ、得した気分にもなるのですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行