So-net無料ブログ作成

ハワイのホテルとgoogle検索 #2 [ハワイ旅行]

こうした写真はいったいどこから集めているのでしょうか。一覧のカテゴリーには「ホテル提供」というものもありますが、そこに含まれてこない360°ビューもあります。そうした写真は自前で360°ビューを作成しているのでしょうか。日本国内のストリートビューを見ていると、見る方向によってはいきなり店舗内などに入り込んでしまう場合があります。googleは建物の外観だけでなく、プライベートな場所以外は内部についても見ることができるようにして、場合によっては360°ビューも見ることができるようにしていくのでしょうか。
ホテルの客室内外の様子が分かることに関して言えば、自分の思っていたイメージと実際の様子が異なっていて、がっかりすることは減るかなと思います。また、口コミではどうしても個人の主観が入り込んでしまいますが、写真は客観的で見た通りのものです。他人の判断ではなく、自分で見て判断ができるわけです。これはホテル選びの際にも役立つと思います。ただし、このgoogle検索で表示される写真の量や内容、360°ビューの有無はホテルによって異なるようです。
ちなみにプリンスワイキキは、私が確認した時点では客室の360°ビューは見当たりませんでした。しかし、客室の写真は豊富にあり、実際も写真そのままです。ヒルトンハワイアンビレッジワイキキも客室やラナイからの眺めと思われる写真が豊富にあります。360°ビューは一枚だけありました。一覧のカテゴリーを「部屋」にすると、出てこない写真もありますから、「すべて」のカテゴリーから探す方がよいと思います。下の方に多くあります。ヒルトンはアリイタワーとレインボータワーだけですが、ホテル公式ページにも部屋の写真があります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ハワイのホテルとgoogle検索 #1 [ハワイ旅行]

アラモアナホテルのオーシャンビュー設定の部屋を確保しましたが、アラモアナホテルは海沿いの立地ではないため、はたしてどの程度の「オーシャンビュー」なのかが気になります。しかし、ホテルの公式サイトの写真を見ても部屋からの眺めはあまりよく分かりません。これは行ってみないと分からないかなと諦めていましたが、意外なところに情報はありました。これはもしかすると誰もが知っていることで、単に私が知らなかっただけなのかもしれません。しかし、私としてはすごい発見でしたから、一応紹介しておきます。
googleで、例えば「アラモアナホテル」と検索すると、検索結果一覧の右側に地図と「写真を表示」という項目と「中を見る」という項目が出てきます。この「中を見る」をクリックすると、ホテル内部や外観の写真が一覧で出てきます。そして、何枚かの写真には丸型の矢印が付いています。これは360°ビューというものらしく、ストリートビューのように上下左右に回転させて360°の様子を見ることができるのです。写真はカテゴリー別に表示することもでき、360°ビューの見出しをクリックすれば、対応する写真だけが出てきます。
ちなみにアラモアナホテルの「中を見る」写真の360°ビューに対応した写真一覧へのリンクがこれです。部屋の写真は3枚あり、回転させると内部の様子がとてもよく分かります。ラナイからの眺めもそれぞれ「オーシャンビュー」「パーシャルオーシャンビュー」「シティ/マウンテンビュー」の設定に対応しているように見えます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキ #2 [ハワイ旅行]

このホテルに決めた第一の理由は立地です。
ホノルルマラソンのスタート地点はアラモアナパークで、スタート時間は朝の5時になります。旅行会社のマラソン参加ツアーでなければ、スタート地点への移動手段は徒歩か専用シャトルバスしかありません。一度参加して状況が分かった今なら、もう少し遠くのホテルからでも歩けないことはないと思いますが、状況の分からない初参加の場合は、アラモアナパークに近いホテルの方が、歩いて行く場合でも楽ですし、時間の調整もしやすいと思います。ですから、私もアラモアナパークからヒルトンまでの間にあるホテルにしようと決めていました。
そして、宿泊価格の変遷に伴って、ホテル選びも変化していきました。
5月時点ではアラモアナパークからヒルトンまでの間にあるホテルで、オーシャンビューやオーシャンフロントの設定がある部屋は軒並み1泊3万円以上していました。その価格帯は私には手が届きませんので、唯一2万円台でオーシャンビューの設定があったアラモアナホテルに最初の予約をしました。このホテルはリゾートフィーが不要だったり、部屋に電子レンジが備え付けてあったり、スタート地点に一番近い立地であったりと、価格以外にもいろいろと魅力がありました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プリンスワイキキ #1 [ハワイ旅行]

blog40.jpg
私が泊まったホテルは”プリンスワイキキ”です。ホテルの名称はリニューアルの完成に合わせて変更したそうです。私が泊まった時は”ハワイプリンスホテルワイキキ”と言っていました。リニューアルの経緯について関心のある方は、こちらのニュースリリースをご覧ください。pdfです。ただ、ホノルルにはキングスビレッジの近くに”ワイキキプリンスホテル”という名称のホテルがあるはずで、ホテルの規模は全然違いますが、名称はどちらにしろ紛らわしいですね。
ホテルの日本語公式サイトも新しくなっていて、さすがにURLの名前までは変更できなかったようですが、ホテルの名称やロゴは新しいものになっています。HOMEの画面に表示されている「ドローン映像」は、なかなかのものだと思います。
写真はヒルトンのラグーンから撮ったものです。中央やや右手にあるのがイリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツで、その少し離れた左側に建っている二つのタワーがプリンスワイキキになります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

12月のハワイは5月予約より11月予約の方が安かった #3 [ハワイ旅行]

利用日近くまで予約せず、様子を見る場合には、こまめなチェックが必要になります。ホテルに関しては、仮に第一希望のホテルの割安プランがなくなってしまったとしても、どこかで妥協すれば確保できますが、問題は飛行機です。予定していた便が満席になってしまうと、他の便を探す大変さはホテルの比ではなく、出発時間の変更も余儀なくされます。
私が飛行機を出発の約1か月前に再予約した際には、往復とも残席は15程度でした。これはかなりぎりぎりの数で、いつ満席になってもおかしくないと思いますから、こまめなチェックを行い、ある程度のところで決めるべきでしょう。しかし、最後まで粘ればさらに安くなる可能性はあります。私は購入後にもチェックを続けましたが、最低で7万5千円程度まで下がりました。
ただし、タイミングが悪くて満席になってしまう危険性はかなり高くなります。また、運よく確保できたとしても、デルタのようにあらかじめ席の指定ができる場合は、中央のブロックの中央の席しか残りません。窓側や通路側、あるいは並びの席はほとんど望み薄になりますから、それは覚悟しなければいけません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

12月のハワイは5月予約より11月予約の方が安かった #2 [ハワイ旅行]

ではいくら安くなっていたのか、具体的な数字で比較してみます。飛行機は5月に約15万で予約しましたが、11月に約11万で予約し直しました。これはキャンセル料を支払ってもまだ安い金額です。この比較では航空会社が異なっていますが、私が実際に利用した同じ日程で同じ路線のデルタ便の料金を調べてみても、今年の現時点では15万以上しています。
ホテルは5月に予約したホテルと11月に予約し直して実際に泊まったホテルとは異なりますし、泊数も違いますので、その比較はせず、これも同じホテルの現時点での金額と比較してみます。私が昨年11月に予約した時は3泊で約$660でしたが、同じ日程で同じ条件の部屋で調べると、今年の現時点では約$910します。この金額でしたら私の場合は予算オーバーになりますから泊まりません。実際に、昨年の5月も調べてみて、具体的な金額は覚えていませんが、似たような金額でしたから諦めたような記憶があります。
このように、飛行機もホテルもかなりの差があります。安くなる理由が分かりませんので、毎年必ず安くなるのかどうかは分かりませんが、昨年だけそうした傾向にあったともあまり考えられませんので、利用日がある程度近くなってきてからの方が安くなるのかなと私は思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

12月のハワイは5月予約より11月予約の方が安かった #1 [ハワイ旅行]

blog39.jpg5月にホノルルマラソンへの参加を決め、まずは飛行機とホテルの確保を始めました。最初にツアーを調べましたが、高級なホテルのプランでなくても、思ったより高額であることが分かりました。そこで、飛行機とホテルを個人手配した場合の費用を確かめるために、複数の旅行予約サイトも調べてみました。結果はツアーより安いのは確かでしたが、私の予想よりは高額でした。ツアーにしろ個人手配にしろ、一人旅ではホテル代が割高になりますので、どうしても費用が高額になるのです。しかし、その時点で予約をせず、検討を続ける明確な理由はありません。様子を見ている間に飛行機やホテルが確保できなくなることは嫌でしたので、調べた中でコストパフォーマンスがあると思われる組み合わせを個人手配で予約しました。
飛行機はいったん申し込みをしてしまうと、キャンセルする場合には数万のキャンセル料が必要になるということでした。そのため、申し込みをしたからには、そのプランで進めようと思っていました。しかし、心残りもありました。それは「二度と行けないかもしれないハワイへ行くのだから」という気持ちです。コストパフォーマンスを主体にプランを決めたために除外した「オーシャンフロントのホテルに泊まること」や「余裕のある日程で楽しむこと」が、心残りになっていたのです。
そうした気持ちも次第に吹っ切れて、マラソンの練習に励んでいた10月のある日、フライト時刻の変更という連絡が唐突にありました。飛行機を選んだ理由の一つには、フライト時刻もあったのですが、それが変わってしまい、考えていた現地での過ごし方も多少崩れてきてしまうのです。私は再びもやもやした気分になり、もし初めからプランを考え直すとしたらどうなるだろうかと思い、ダメもとで調べてみました。すると、11月初めの段階で飛行機もホテルもまだ空いていて、しかも5月に比べて安くなっているのです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ハワイのお土産で買ったもの #7 [ハワイ旅行]

他にはポーチやエコバッグ、文房具などを買いました。これらは全てABCストアで取り揃えましたが、これはステマでも何でもありません。一つのお店でビールを買うついでに割と気の利いたお土産を買い揃えることができるのが、本当に便利だと思うのです。ただ、その場合は品揃えのよい大型店に行った方がよいと思います。私が行ったのは、前に少し話題にしましたが、インペリアル ハワイ リゾート アット ワイキキ‎1階にある38号店です。
雑貨や文房具については、アラモアナセンターなどに行けば、扱っているお店はたくさんあります。そうしたお店をいろいろ見て回るのも楽しいと思いますが、何を買うのかある程度決めておき、それがどこのお店にあるのかあらかじめ調べておいた方がよいと思います。漠然と買いに行っていては、時間がいくらあっても足りなくなると思います。
blog38.jpg38号店での買い物は$80くらいになりましたので、その時に写真のゴールドカードを貰いました。私は全く気にせず、レシートと共にしまい込んでいましたが、今回の写真を撮る際に裏面を見ると、購入代金の合計が$100以上になれば、リユーザブルバッグかコーヒーマグかカレンダーのどれかが貰えたみたいです。私は他のお店でも購入していますので、合計は$100を超えていました。かなり残念な気分になりました。こうなったら万が一またハワイへ行くことがあれば、何とか$100購入して、意地でも貰ってこようと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ハワイのお土産で買ったもの #6 [ハワイ旅行]

お土産の話に戻ります。ハワイのクッキーのお土産のことで私が後悔したのは、ビッグアイランド・キャンディーズとザ・クッキー・コーナーの製品を買って帰らなかったことです。少量の品でよいので買って帰っていれば、食べ比べができたのにと残念に思いました。amazonで直送品を扱っているショップはあるのですが、割高ですから今のところは考えていません。ホノルル・クッキー・カンパニーもamazonで買う場合は似たようなものですが、こちらはトミーバハマの店舗とオンラインストアでも購入することができます。詳しくはこちらです。
blog37.jpg前に少し話に出したBath&Body Worksのハンドジェルもお土産として数点買いました。実用品の割にパッケージがきれいで、価格も手頃なところがお土産に適しています。ただし、香りが結構強いので、テスターで確認して選んだ方がよいと思います。香りが比較的穏やかな方が、渡した相手には喜ばれました。ABCストアにも売っていますが、ハンドジェル以外の製品も見たいということでしたら、アラモアナセンター、パールリッジセンター、ウインドワードモール、カ・マカナ・アリイの4か所に直営店があります。割高にはなりますが通販もあります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホノルルマラソンのアーリーエントリー #2 [ホノルルマラソン]

正確な参加料は、アーリーエントリーが4月23日締め切りで21000円、第1期受付が9月15日締め切りで28350円、第2期受付が11月17日締め切りで30450円、現地でのレイトエントリーが12月7日~9日限定でUS$340、1ドル110円とすると37400円となっています。参加料は高いけれども抽選などはなく、申し込んだ全員が参加でき、しかも前日まで申し込みができるというのもある意味すごい大会ですね。また、この大会に参加する人は、参加料の高さは気にせず、とにかく参加したいという人でしょう。
どの時期に申し込むのがよいのかは、それぞれの人を取り巻く状況で変わってくると思います。いつトラブルが起きるか分からないような仕事に就いていたり、重い病の人が身内にいたりすれば、早い申し込みは躊躇するでしょう。ホテルと飛行機が確保できるかという別の問題はありますが、そうした不安のある場合は、いっそのこと現地でのレイトエントリーを考えた方がよいのかもしれません。これは知っておいて悪いことではないと思います。
ホノルルマラソンに参加しようと思うと、ツアーへの申し込みか、自力でのホテルと飛行機の手配が必要ですし、その費用も高額になります。国内の大会へ参加するように気軽にはできません。ですから、参加しようとする場合は、それこそ自分の状況とタイミングを十分に考えて決めていると思いますが、なかなか決められない場合でも参加の道があるということです。逆に、あまり制約のない状況ならば、アーリーエントリーで申し込み、安く済んだ分でホテルのグレードを上げたり、現地で何かおいしいものを食べたりすることもできるということです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ