So-net無料ブログ作成
検索選択

ホノルルマラソンスタート時の花火 [ホノルルマラソン]

blog71.jpg
たいがいの人はマラソンのスタート地点が見えないエリアにいると思いますが、日本語の陽気なアナウンスが入りますから、いつスタートになったのかはすぐに分かると思います。そして、スタートの合図と共に花火が打ち上がります。すると、皆さん待っていたかのように一斉にスマホを取り出し、写真のような花火撮影大会が始まります。この花火が想像以上に見ごたえがあり、スタートの合図があっても10分程度はだらだらと歩いたり止まったりするだけですから、必然的に花火見学タイムになります。金曜日のヒルトンの花火と比べると、花火の大きさでは負けていますが、打ち上げている花火の量はこちらの方が多いと思います。スタートの一瞬だけ上がるのではなく、5~10分程度は連続して打ち上がります。花火を見ていると、スタートの合図があってもなかなか走り出せなくてイライラする気持ちが抑えられ、逆にテンションが上がってうきうきしてきます。この花火の見学はマラソンを走る人でなくてもお勧めできます。ホノルルマラソン当日に、アラモアナパークが見えるホテルの部屋に泊まっているのでしたら、朝の5時までに起きて、部屋から花火を眺めてみてはどうでしょうか。
スタートエリアは道路の片側だけになっているはずですが、スタートラインは道路の両側にゲートがあって、どちらのゲートをくぐってもよいはずです。基本ですが計測センサーの付いたマットの上は必ず通ってください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。