So-net無料ブログ作成

プリンスワイキキのターンダウンサービス #2 [ハワイ旅行]

その時点でもまだ何の用か分からず、しかもバスタオルを巻いただけの姿でしたから、私は激しく戸惑い、扉は開けましたが何も言えずに立っていました。すると、ハウスキーパー風の女の人たちは、私にチョコレート数個と氷が入ったビニール袋を手渡し、「グッナーイ」と言って去って行きました。私はチョコレートと氷を手にしたまま、しばらくあっけにとられてしまいました。
帰国後にターンダウンサービス のことをもう少し詳しく調べてみると、ベッドカバーを取り外すだけでなく、私が貰ったように、チョコレートや氷を渡す場合もあることが分かりました。つまり、どうやら私が受けたのは、ターンダウンサービス の一部だったのだと思います。これらは特に申し込みがなくても全部屋に配っているのでしょう。
その場では一日だけのサービスなのか、毎日のサービスなのか分かりませんでしたから、私は二日目の夜も同じような時間に入浴をしていました。すると、またノックがありました。毎日バスタオルを体に巻いただけで応対するのも恥ずかしく思いましたので、申し訳ないと思いましたが、二日目はそのまま入浴を続けました。応対しなかったことで貰えなくなったとしてもそれは仕方がないと思っていました。しかし、入浴を終えてくつろいでいると、再びノックの音がして、扉を開けると昨日と同じようにチョコレートと氷を配っていました。ノックをして反応がないと、可能な限り何度でも訪れるのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。